メッセージ Message

社長あいさつ

安藤 寿郎
Toshiro Ando
株式会社安藤木工所代表取締役社長 安藤 寿郎

建具、家具の技術の後世に

当社は大正5年(1916年)に私の曾祖父 忠太郎が長野県松本市本町五丁目にて建具屋を創業して以来、100有余年に亘り商売をさせて頂いております。また、安藤家が松本で商売を始めて200年になります。これも一重に当社をご愛顧下さったお客様、当社を支えてきてくれた従業員のおかげです。この場を借りて感謝申し上げます。

当社の創業の精神は残念ながら伝わっておりませんが、私が家業を継ぐために入社した際に当時の番頭・職人にいわれたことは、「『良い仕事』をしなくてはならない(良いものを作り、丁寧におさめなければならない)」ということでした。私が入社して以来二十余年。この『良い仕事する』という精神は脈々と引き継がれ現在に至っております。

一口に建具、家具と言っても美術品・工芸品に近いものから普段使いの日用品まで様々です。当社の作っているモノは創業以来、普段使いの日用品。それだけに堅牢で壊れにくく、毎日目にしても飽きの来ない機能美を備えつつも、一般の方が手の届く価格の製品。そのような製品を提供できるよう日々努力しております。

インターネットの普及、AIの発達、自動車の自動運転等々。テクノロジーの変化には目を見張るものがあります。どんなにテクノロジーが発達しようと建具や家具は当分なくなりそうにありません。
大工さん、左官屋さん、建具屋さん。職人と呼ばれる熟練工が減少している昨今。建具屋の創業から100有余年。これまで培ってきた技能を次世代に継承する。会社を継続させ、「よい仕事(建具・家具)」をお客様に提供し続ける。これ自体が社会貢献につながるものと確信しております。
この先何十年と「よい仕事(製品・サービス)」をお客様に提供し続けられる様、弛まぬ努力をし続けていく所存です。
今後とも安藤木工所を宜しくお願いします。

理念・方針

  • 経営ビジョン (行動指針)

    ① 百年企業として培ってきた顧客からの高い信頼を保持しつづけよう
    ② お客様のために手間を惜しまず良い仕事をしよう
    ③ お互いの技能を高め、次世代に技能を継承しよう

  • 経営方針 (会社のあるべき姿)

    1. 巧みの技と自動加工機群により、工業製品としての高品質な建具・家具を製造していく
    2. 経験豊富な営業体制と機動力で、より高い顧客満足を提供する
    3. 仕様ニーズの高品質高価格と中品質低価格の二極化が進む中で、高品質なモノを求めているお客様をターゲットにゼネコン、工務店と協働する
    4. 同業の建具業者は後継者不在が多く、松本平における当社の責任は大きい。建具技能の継承と個々の技能の向上を着実に行っていく
    5. 飛躍的成長(無理な)は目指さず、地道に年輪経営を目指す
施工 : (株)吉田建築設計事務所
施工 : (株)吉田建築設計事務所
  • 品質方針(お客様満足度の維持
    向上と社員のあるべき姿)

    1. 個々の責任ある行動とチーム力向上により、高い目標に対し粘り強くやりとげる
    2. 業の安定的継続のため、生産効率、設備投資、安全面に力点を置く
    3. 高齢化するベテラン職人の技術の継承を計画的に進める
    4. 5S 活動を継続し進化(レベルアップ)させる
    • スペース半減化と仕事の効率化
    • 古機の整理
    • 集塵機,自動機の更新
    • 標準作業書の作成
    • 作業安全の向上
    • 社員の創意工夫の奨励
scroll top